調理場面 調理加工中 食事の場所

県央福祉会のマーク










address

〒242−0022
神奈川県大和市柳橋5−3−16
TEL 046−268−9912
FAX 046−267−0454























































給食サービス

 平成25年より、「健康日本21(第二次)」がスタートしました。
ここでは健康の増進に関する基本的な方向性として5つの方向性が示されていますが、その中でも「運動と食事」が重要になってくると思われます。

 厨房ではそのなかの「食事」の部分を担当しており、管理栄養士をはじめ厨房職員一丸となり、上記目標の達成以上の工夫を行っています。



【365日、メインとなる食事は重ならないようにします】
  豊富なメニューを提供することにより、いろいろなメニューがあることを知ってもらい、楽しんでもらいたいと考えています。


【食事を通して文化・伝統を味わっていただきます】

  その季節、行事にあったメニューを提供し、文化伝統を口でも味わってもらいたいと思います。おかず等も食べる人に合わせた形で、しかしできるだけ見た目も皆さんと同じようになるようにしています。


【一日に必要な野菜の摂取量の約2/3は
           向生舎の食事で摂れるようにしていきます】

   一日に必要な野菜の摂取量は350グラムと言われています。
向生舎の給食では200グラム以上をメニューに加えることで、一日の2/3の野菜が取れるよう工夫しており、ご家庭での野菜の摂取の負担を減らせるようにしています。また食塩摂取量も減らしています。


向生舎の給食は加工品を使わずにすべて手作りの家庭料理です。旬の食材やメニューを取り入れて豊かな生活を作れるように努めています。



2014年度実績

 熱量 たんぱく質   脂肪比率  カルシウム
 563kcal 28g   21%  259mg

 鉄  レチノール  ビタミンB1  ビタミンB2
 4mg  645μg  0.5mg  0.6mg

 ビタミンC      
 57mg      
 給食サービスの場所  オーブンレンジ
 

▲pagetop